アラフィフ独身介護士のミノタケ資産運用

身の丈にあった「頑張らない」投資スタイルで金融資産3500万円を目標にするブログ。圧倒的なパフォーマンス!とは無縁な平凡な人が普通にできる資産運用を語っていきたいと思います。

makita

こんにちはアラフィフ独身介護士のミノタケです。参議医選挙直前の安倍元首相の銃殺という衝撃の月初を経て、米国株市場では不景気の傾向がはっきり見えてきました。



相対的に日本株は割りと元気ですが、遠からずドッカンありそうな気はしますね。我慢が苦手なミノタケはあいかわらず買ってしまってますが…。


【定期買付の部】
つみたてNISA
7月4日 スリム全世界株式 13,000円分
7月4日 楽天VTI(全米株式) 20,000円分+666円

特定口座
7月4日 スリム全世界株式 17,000円分
7月19日 スリム全世界株式 10,000円分
7月19日 楽天VTI(全米株式) 10,000円分

iDeCo
7月15日 スリム全世界株式 11,829円分

ネオモバイル
5日に3678:メディアドゥ、5857:アサヒHD 20日に2931:ユーグレナ、7342:ウェルスナビ 28日に7094:NEXTONEを買い付けています。

7月5日 3678:メディアドゥ 1株 1,808円 計1,808円
7月5日 5857:アサヒホールディングス 1株 2,092円 計2,092円
7月20日 2931:ユーグレナ 1株 913円 計913円
7月20日 7342:ウェルスナビ 1株 1,940円 計1,940円
7月28日 7094:NEXTONE 1株 3,530円 計3,530円

今月の定期購入は92,778円(82,495円(投信)+10,283円(ネオモバ))でした。つみたてNISAの枠で余る分を購入する設定をしたので楽天VTIを666円分多く購入となっています。買い付けタイミングが難しく感じた7094:NEXTONEを今月から定期購入に加えました。

【スポット購入の部】
投資信託(特定口座)
(売買なし)

米国株(マネックス証券)
7月26日 SPYD 3株 $40.07 3株 計$120.80(手数料込み)※配当金からの再投資

日本株(ネオモバイル)
7月1日 8058:三菱商事 1株 3,820円 計3,820円
7月1日 8031:三井物産 1株 2,829.5円 計2,829円
7月1日 5108:ブリヂストン 1株 4,745円 計4,745円
7月4日 4248:竹本容器 2株 787円 計1,574円
7月4日 9433:KDDI 1株 4,241円 計4,241円 ※久々購入!!
7月5日 4248:竹本容器 2株 776円 計1,552円
7月5日 8031:三井物産 1株 2,933.5円 計2,933円
7月5日 8802:三菱地所 1株 1,946円 計1,946円
7月6日 9432:NTT 1株 3,826円 計3,826円
7月6日 8058:三菱商事 1株 3,784円 計3,784円
7月6日 8031:三井物産 1株 2,773.5円 計2,773円
7月6日 2768:双日 1株 1,892円 計1,892円
7月7日 4248:竹本容器 2株 776円 計1,552円
7月7日 5857:アサヒホールディングス 1株 2,039円 計2,039円
7月7日 7358:ポピンズ 1株 1,790円 計1,790円
7月7日 8031:三井物産 1株 2,803円 計2,803円
7月7日 2768:双日 1株 1,898円 計1,898円
7月8日 4248:竹本容器 2株 763円 計1,526円
7月8日 8802:三菱地所 1株 1,943.5円 計1,943円
7月12日 5857:アサヒホールディングス 1株 2,042円 計2,042円
7月12日 7358:ポピンズ 1株 1,790円 計1,790円
7月12日 8031:三井物産 1株 2,857円 計2,857円
7月14日 8316:三井住友FG 1株 4,060円 計4,060円
7月14日 8802:三菱地所 1株 1,939.5円 計1,939円
7月14日 2374:セントケア・ホールディング 1株 875円 計875円
7月15日 7358:ポピンズ 1株 1,821円 計1,821円
7月15日 8031:三井物産 1株 2,820円 計2,820円
7月15日 8316:三井住友FG 1株 3,997円 計3,997円
7月15日 8802:三菱地所 1株 1,898円 計1,898円
7月15日 8098:稲畑産業 1株 2,268円 計2,268円
7月19日 6586:マキタ 1株 3,457円 計3,457円 new!!
7月19日 6326:クボタ 1株 2,164円 計2,164円 new!!

7月19日 4248:竹本容器 3株 758円 計2,274円
7月21日 8802:三菱地所 1株 1,923.5円 計1,923円
7月21日 8316:三井住友FG 1株 4,103円 計4,103円
7月21日 8031:三井物産 1株 2,927.5円 計2,927円
7月22日 6326:クボタ 1株 2,262円 計2,262円
7月22日 6586:マキタ 1株 3,611円 計3,611円
7月22日 2374:セントケア・ホールディング 1株 882円 計882円 ※200株到達!!
7月22日 8031:三井物産 1株 2,903円 計2,903円
7月22日 8316:三井住友FG 1株 4,097円 計4,097円
7月22日 4248:竹本容器 2株 780円 計1,560円
7月25日 6586:マキタ 1株 3,569円 計3,569円
7月25日 6326:クボタ 1株 2,223円 計2,223円
7月25日 7358:ポピンズ 1株 1,879円 計1,879円
7月25日 5857:アサヒホールディングス 1株 2,069円 計2,069円
7月25日 4248:竹本容器 2株 778円 計1,556円
7月25日 8031:三井物産 1株 2,919.5円 計2,919円
7月25日 8316:三井住友FG 1株 4,116円 計4,116円
7月25日 8698:マネックスG 2株 462円 計924円
7月27日 6586:マキタ 1株 3,325円 計3,325円
7月27日 6326:クボタ 1株 2,226.5円 計2,226円
7月27日 4248:竹本容器 2株 777円 計1,554円
7月28日 6586:マキタ 1株 3,296円 計3,296円
7月28日 6326:クボタ 1株 2,204円 計2,204円
7月28日 8031:三井物産 1株 2,935円 計2,935円
7月28日 8316:三井住友FG 1株 4,114円 計4,114円
7月28日 5857:アサヒホールディングス 1株 2,069円 計2,069円
7月29日 5857:アサヒホールディングス 1株 2,027円 計2,027円
7月29日 6586:マキタ 1株 3,235円 計3,235円
計154,236円

日本株(マネックス)
7月22日 2687:CVSベイエリア 2株 400円 計800円 ※配当金からの再投資

日本株(楽天証券)
(売買なし)

仮想通貨(暗号資産)
(売買なし)

今月は遂にというべきかようやくというべきか、6586:マキタを購入できました。マキタは電動工具の最大手企業。商品の信頼性と「3日で修理」という手厚いサポートで知られています。



こちらで「欲しい銘柄」として上げています。実は値が下がってることにしばらく気が付かずにスルーしてました。ちょっと遅れて買いスタートです。今期はユーロ圏の売り上げが落ちることが見込まれるため、ウェイトの大きいマキタは値を下げています。

makita2
Yahooファイナンスより。コロナ初期の頃の値段まで下げています。

即効で値上がり益を、という向きの方にはオススメできませんが長期で株数を増やしていきたい方には仕込み時と言えるのではないでしょうかね。



ミノタケが買い付け始めた後に第1四半期の決算が出て下げています。株数を増やしたいミノタケとしてはせっせと買い増していきます。

マキタと合わせて6326:クボタも新規に購入。ミノタケとしては以前から6301:コマツに注目してるのですが、なかなか値が落ちないのに比べてクボタは買えるかなと購入してみました。でも来月あたりにコマツも買い始めてしまいそう…(^^)

他に目立ったところでは2374:セントケア・ホールディングが保有200株に到達しました。ウェイト的にこのくらいの保有数で打ち止めかなと思ってますが、値を下げていたら買い増しするかもしれません。あと大規模通信障害のあったタイミングでKDDIを久しぶりに1株購入。でもあまり下げませんでしたね。配当金再投資でSPYDを買い増し。

今月の投資は定期買いの92,778円にスポット買いが154,236円となり合計で247,014円となりました。う~ん、今月もガッツリ買い込んでしまって現金ウェイトが減ってしまいましたね。もう現金がなくなるまで買付けを止めるのは無理な気がしてきました(笑)


202207_a



今月は仮想通貨(暗号資産)が持ち直したこともあり、先月比で+9.30%、年初来-11.44%と6月分のマイナスを取り戻したよう数字となりました。ミノタケ的には順調に株や投信のウェイトが増えていっているのが嬉しいです。


2022_b
株と投信でほぼ5割の資産配分になりました。

にほんブログ村 株ブログ シニア投資家へ ←記事が面白いと思えたらポチってもらえると嬉しいです。よろしくお願いします。

孟嘗君 全5冊合本版 (講談社文庫)
宮城谷昌光
講談社
2015-01-09

先月読み始めた「孟嘗君」面白くて一気に読み切ってしまいました。ミノタケ自身が中国の春秋・戦国時代に興味があったのもあって抜群に面白かったですね。終わり方も綺麗でした。





最近、というか昨日届いたのですがAmazonのKindle本だけでなく他社の電子書籍も電子ペーパーの形で読みたくて、ちょっと前にレビューを見て「良さそう」と思ったこちらのAndroidタブレットを買いました。やはりスマホの発光する画面が見ながら本を読み続けるのは辛いです。「LIFE SPAN~老いなき世界」とかもなんとか読み切ったけど、これも白黒液晶だったらずいぶん読みやすかっただろうなぁ。

LIFESPAN(ライフスパン)―老いなき世界
マシュー・D・ラプラント
東洋経済新報社
2020-09-01


22740775_s


こんにちは。「最も効率的な投資スタイル」を求めるより、「最も継続できる投資スタイル」を探し求め、見つけることのほうがよっぽど大事、と考えるアラフィフ独身介護士のミノタケです。

最近(でもないか?)Twitterを眺めていると「S&P500インデックスファンドへの積立投資がNo.1」とか「つみたてNISA、iDeCoをやらないのは馬鹿」とか、「高配当投資に決まってるだろ」とか表現が雑ですが、どんな投資スタイルが一番良いのか?という話題をよく見ます。ひと頃だと「レバナスが1番」がよく目立ってましたね。

暇つぶしなら良いですが、多くの人にとってはあまり意味がないと思います。なぜなら多くの私達「凡人」には、どのような形であれストイックさを求められるキレキレの「究極の投資効率」を続けるのは難しいからです。

個人的にはミノタケは「インデックスファンドを積立購入し続けるのが一番楽で継続しやすくて効率いいんだろうなぁ~」とか思ってますが、現実にはミノタケはそれだけに絞って投資をしてるわけではありません。個別株もやるし、仮想通貨のポジションだって持っています。欲が深い凡人のミノタケはあれこれ目移りして一つのスタイルに絞ることが難しいのです(笑)

実際に以前はミノタケは為替証拠金取引(FX)もやってたし、ソーシャルレンディング、CFDなどにも手を出したりしました。大失敗したり、「う~ん、ミノタケには合わないなぁ」と思って止めたりしてます(^^)。



ある程度投資に関心がある人は、色んな投資手法に興味がいきます。流行り廃りもありますしね。冒頭で述べていますが、最高の投資手法を探し求めるより、「あなたが継続できる」投資スタイルを見つけ、それを続けていくことが結果的に利益につながると考えます。

最近よく目にしますが、世界一といって良い投資家のウォーレン・バフェットの現在の資産の大半をこさえたのは50歳以降の投資によるものだとか。




もちろんバフェット氏がこれだけの結果を出したのは氏ならではの選定眼とストイックな投資スタイルあってのことだと思いますが、別に誰もが「9兆円欲しい」わけではないでしょう。ここで凡人の私達が得るべき学びは「長期に続けることが結果につながる」という事実です。いわゆる複利効果ですね。

ただ、長期に続けるというのは忍耐強さが求められます。出来るだけ当人にとってストレスのない、続けやすい形であることが重要となるわけです。その形というのは個人によって違います。得手不得手もあるし、好き嫌いもあるから当たり前です。

ミノタケはインデックスファンドの積立投資もやっているし、高配当狙いの個別株投資もすれば、成長狙いの株式投資もやっています。ビットコインやイーサリアムなど仮想通貨の成長にも期待しています。一つの形に絞り込むのではなく、「これはこういう狙い、あれはこういう目的」と狙いを定めて色々やるほうが、ミノタケにとっては続けやすいのです。最も効率的な投資には程遠いんだろうなぁ、と思いつつこのやり方のほうが楽しいし、続くんです。

これは”今”のミノタケにとってであり、生活環境が変わったり年を取ったりすることでも「もう面倒だから投資はETFにまとめてしまおう」なんて変わったりもするかもしれません。誰と争ってるわけでもないし、それでいいと思っています。

あなたも”誰か”に勝ちたいわけではなく、目的の金額まで”資産”を増やしたいのですよね?選ばれし天才と自負している方に語るべき言葉はもちませんが、そうでないなら地味でもあなたが継続しやすい投資スタイルを探し、見つけ、試行錯誤し続けていくことが結果につながっていくと思いますよ。

それぞれのやり方で続けられるといいですよね。お互いに頑張っていきましょう。



23363714_s

こんにちはアラフィフ独身介護士のミノタケです。残念なことに選挙応援演説中に銃撃を受けた安部元首相が亡くなられてしまいました。日本を、日本国経済を、国家防衛を良くしようと尽力されてきた方だけにとても残念なことです。無念であったろうとは思いますが、せめてご本人が安らかに眠れるよう祈りたいと思います。合掌。

ところで生き残った我々は先を見据えてこれからも生きていかなくてはなりません。小さくないであろう今回の出来事を踏まえて先のことを考えていかなくてはなりません。参議院選挙が終わり、自民党の圧勝となったようです。安部元首相の早すぎる死、岸田自民の圧勝を受けて今後の相場展開を考えた時にミノタケの頭に浮かんだことは、

・金融所得課税の推進
・日本株低迷
・中国侵略、言論統制
・防衛予算拡大の阻害

といった言葉でした。

PXL_20220711_015342550.PORTRAIT


今回の選挙を受けて、岸田政権は「全面的な支持を受けた」ととらえるでしょうから選挙を終えた今、のらりくらりとお茶をにごしてきた金融所得課税について進めていくことでしょう。そうなるとセットになって日本市場からお金が抜けていきますから日本株の低迷が見込まれます。今この記事を書いているのは11日の前場で、株価は好調ですが長い目で見ると先行きは暗いと覚悟しておきたいと思います。

中国侵略について。日本の政財界に中国共産党の息が潜り込んで来ているのは周知の事実ですが、岸田政権もその息がかかっていると見てよく、それに対するカウンター的人材の柱のような存在であった安部氏を失ったことで勢いが増していくことが考えられます。正直なんということだ、という思いです。

以下、二点もこれに付随することでマスメディアにも大きく進出している(毎日新聞などは主要な広告主となっている。)ことで言論統制(コントロール)が進んでいくことが考えられます。





今後は「マス」だけでなくマイノリティ(少数派)側のメディア、ネット、SNSなどもより色濃くなっていくことが考えられます。我々自身が言葉の本質、裏側を見る目を持つようにして行かなくはなりません。

防衛予算の阻害。今回改憲派の国民民主党、日本維新の会が議席を合わせて憲法改正の実現に向けた動きが取りやすくなったことは朗報ですが中国共産党としては絶対に妨害したい案件になりますのでこの攻防は激しくなると思われます。防衛銘柄に関する好材料、悪材料が交互に出るような場面があることでしょう。

しかし今回の出来事で好転する期待が持てないわけではありません。元国家元首の銃撃・死亡ですから平和ボケしている我々、政界ともに目を冷ます機会ともなり得ます。岸田陣営も今まで同様のスタンスのまま、というわけにはいかないでしょう。目を覚まして、憎たらしいくらい狡猾なやり取りをしながら諸外国と渡り合ってくれればと期待したいです。

そして他者に期待するばかりだけでなく、自分自身も気を引き締めて今後を生きていきたいと思います。

にほんブログ村 株ブログ シニア投資家へ ←記事が面白いと思えたらポチってもらえると嬉しいです。よろしくお願いします。

↑このページのトップヘ