アラフィフ独身介護士のミノタケ資産運用

身の丈にあった「頑張らない」投資スタイルで金融資産3500万円を目標にするブログ。圧倒的なパフォーマンス!とは無縁な平凡な人が普通にできる資産運用を語っていきたいと思います。

23363714_s

こんにちはアラフィフ独身介護士のミノタケです。残念なことに選挙応援演説中に銃撃を受けた安部元首相が亡くなられてしまいました。日本を、日本国経済を、国家防衛を良くしようと尽力されてきた方だけにとても残念なことです。無念であったろうとは思いますが、せめてご本人が安らかに眠れるよう祈りたいと思います。合掌。

ところで生き残った我々は先を見据えてこれからも生きていかなくてはなりません。小さくないであろう今回の出来事を踏まえて先のことを考えていかなくてはなりません。参議院選挙が終わり、自民党の圧勝となったようです。安部元首相の早すぎる死、岸田自民の圧勝を受けて今後の相場展開を考えた時にミノタケの頭に浮かんだことは、

・金融所得課税の推進
・日本株低迷
・中国侵略、言論統制
・防衛予算拡大の阻害

といった言葉でした。

PXL_20220711_015342550.PORTRAIT


今回の選挙を受けて、岸田政権は「全面的な支持を受けた」ととらえるでしょうから選挙を終えた今、のらりくらりとお茶をにごしてきた金融所得課税について進めていくことでしょう。そうなるとセットになって日本市場からお金が抜けていきますから日本株の低迷が見込まれます。今この記事を書いているのは11日の前場で、株価は好調ですが長い目で見ると先行きは暗いと覚悟しておきたいと思います。

中国侵略について。日本の政財界に中国共産党の息が潜り込んで来ているのは周知の事実ですが、岸田政権もその息がかかっていると見てよく、それに対するカウンター的人材の柱のような存在であった安部氏を失ったことで勢いが増していくことが考えられます。正直なんということだ、という思いです。

以下、二点もこれに付随することでマスメディアにも大きく進出している(毎日新聞などは主要な広告主となっている。)ことで言論統制(コントロール)が進んでいくことが考えられます。





今後は「マス」だけでなくマイノリティ(少数派)側のメディア、ネット、SNSなどもより色濃くなっていくことが考えられます。我々自身が言葉の本質、裏側を見る目を持つようにして行かなくはなりません。

防衛予算の阻害。今回改憲派の国民民主党、日本維新の会が議席を合わせて憲法改正の実現に向けた動きが取りやすくなったことは朗報ですが中国共産党としては絶対に妨害したい案件になりますのでこの攻防は激しくなると思われます。防衛銘柄に関する好材料、悪材料が交互に出るような場面があることでしょう。

しかし今回の出来事で好転する期待が持てないわけではありません。元国家元首の銃撃・死亡ですから平和ボケしている我々、政界ともに目を冷ます機会ともなり得ます。岸田陣営も今まで同様のスタンスのまま、というわけにはいかないでしょう。目を覚まして、憎たらしいくらい狡猾なやり取りをしながら諸外国と渡り合ってくれればと期待したいです。

そして他者に期待するばかりだけでなく、自分自身も気を引き締めて今後を生きていきたいと思います。

にほんブログ村 株ブログ シニア投資家へ ←記事が面白いと思えたらポチってもらえると嬉しいです。よろしくお願いします。

takemoto_logo

こんにちはアラフィフ独身介護士のミノタケです。梅雨が明けて、夏が始まりましたね。猛暑を「節電」をお題目に迎え撃つ構えの岸田政権。死人が出てからでは遅いのですが、国民の皆さんはどう見ますかね…。

今月もいくつか新しい銘柄に手を出してしまいました。月の序盤は株価が好調で「日本株も買うには高いところまで来てしまったかな…」と思っていたのですが、中旬にドッと崩れて結局予算以上に買い付けてしまういつものパターンでしたよ。

【定期買付の部】
つみたてNISA
6月2日 スリム全世界株式 13,000円分
6月2日 楽天VTI(全米株式) 20,000円分

特定口座
6月2日 スリム全世界株式 17,000円分
6月16日 スリム全世界株式 10,000円分 ※2万円から減額してます。
6月16日 楽天VTI(全米株式) 10,000円分 ※2万円から減額してます。

iDeCo
6月15日 スリム全世界株式 11,829円分

ネオモバイル
5日に3678:メディアドゥ、5857:アサヒHD 20日に2931:ユーグレナ、7342:ウェルスナビ を買い付けています。

6月6日 3678:メディアドゥ 1株 1,839円 計1,839円
6月6日 5857:アサヒホールディングス 1株 2,125円 計2,125円
6月20日 2931:ユーグレナ 1株 876円 計876円
6月20日 7342:ウェルスナビ 1株 1,823円 計1,823円

今月の定期購入は88,492円(81,829円(投信)+6,663円(ネオモバ))でした。先月より月下旬の投信買付け額を2万円ずつから1万円ずつに減額しています。またネオモバイルの方の定期買付けも買付け額を調整し費用を抑え、長期的に継続できるように見直しを行いました。

【スポット購入の部】
投資信託(特定口座)
(売買なし)

米国株(マネックス証券)
(売買なし)

日本株(ネオモバイル)
6月1日 5857:アサヒホールディングス 1株 2,092円 計2,092円
6月2日 4452:花王 1株 5,308円 計5,308円
6月2日 8316:三井住友FG 1株 3,997円 計3,997円
6月2日 8698:マネックスG 1株 497円 計497円
6月2日 2393:日本ケアサプライ 1株 1,486円 計1,486円
6月3日 8098:稲畑産業 1株 2,264円 計2,264円
6月3日 2393:日本ケアサプライ 1株 1,490円 計1,490円
6月6日 4452:花王 1株 5,254円 計5,254円
6月7日 4441:トビラシステムズ 1株 798円 計798円
6月8日 2393:日本ケアサプライ 1株 1,476円 計1,476円
6月9日 2393:日本ケアサプライ 1株 1,475円 計1,475円
6月10日 2374:セントケア・ホールディング 1株 844円 計844円
6月10日 8098:稲畑産業 1株 2,325円 計2,325円
6月13日 7358:ポピンズ 1株 1,985円 計1,985円
6月13日 8316:三井住友FG 2株 3,953円 計7,906円
6月13日 8698:マネックスG 1株 447円 計447円
6月13日 5857:アサヒホールディングス 1株 2,107円 計2,107円
6月14日 2374:セントケア・ホールディング 1株 809円 計809円
6月14日 5857:アサヒホールディングス 1株 2,071円 計2,071円
6月14日 8802:三菱地所 1株 1,935円 計1,935円
6月14日 8098:稲畑産業 1株 2,294円 計2,294円
6月14日 7358:ポピンズ 1株 1,925円 計1,925円
6月14日 7094:NexTone 1株 3,270円 計3,270円
6月14日 5108:ブリヂストン 1株 5,098円 計5,098円
6月14日 4452:花王 1株 5,218円 計5,218円
6月14日 4248:竹本容器 3株 808円 計2,424円 new!!
6月14日 3678:メディアドゥ 1株 1,725円 計1,725円
6月14日 3635:コーエーテクモ 1株 4,370円 計4,370円
6月15日 8098:稲畑産業 1株 2,252円 計2,252円
6月15日 7358:ポピンズ 1株 1,878円 計1,878円
6月15日 5857:アサヒホールディングス 1株 2,031円 計2,031円
6月15日 4452:花王 1株 5,100円 計5,100円
6月15日 4248:竹本容器 2株 798円 計1,596円
6月15日 3635:コーエーテクモ 1株 4,210円 計4,210円
6月16日 2393:日本ケアサプライ 1株 1,450円 計1,450円
6月16日 4248:竹本容器 2株 799円 計1,598円
6月16日 4452:花王 1株 5,054円 計5,054円
6月17日 2374:セントケア・ホールディング 1株 793円 計793円
6月17日 2393:日本ケアサプライ 1株 1,442円 計1,442円
6月17日 4248:竹本容器 2株 795円 計1,590円
6月17日 5857:アサヒホールディングス 1株 2,031円 計2,031円
6月17日 8058:三菱商事 1株 4,412円 計4,412円 ※久々購入!!
6月17日 8098:稲畑産業 1株 2,252円 計2,252円
6月17日 8316:三井住友FG 1株 3,984円 計3,984円
6月17日 8802:三菱地所 1株 1,932.5円 計1,932円
6月17日 9432:NTT 1株 3,825円 計3,825円 ※久々購入!!
6月20日 4248:竹本容器 2株 794円 計1,588円
6月20日 5857:アサヒホールディングス 1株 2,006円 計2,006円
6月20日 7358:ポピンズ 1株 1,802円 計1,802円
6月20日 8058:三菱商事 1株 4,229円 計4,229円
6月20日 8098:稲畑産業 1株 2,252円 計2,252円
6月21日 2393:日本ケアサプライ 1株 1,439円 計1,439円
6月22日 8058:三菱商事 1株 4,061円 計4,061円
6月22日 8031:三井物産 1株 3,010円 計3,010円 new!!
6月22日 7358:ポピンズ 1株 1,837円 計1,837円
6月22日 2768:双日 1株 1,851円 計1,851円 ※久々購入!!
6月23日 8058:三菱商事 1株 3,950円 計3,950円
6月23日 8031:三井物産 1株 2,951円 計2,951円
6月24日 8031:三井物産 1株 2,954円 計2,954円
6月24日 8098:稲畑産業 1株 2,182円 計2,182円
6月24日 8802:三菱地所 1株 1,988.5円 計1,988円
6月24日 5857:アサヒホールディングス 1株 2,070円 計2,070円
6月27日 8802:三菱地所 1株 1,955円 計1,955円
6月27日 9432:NTT 1株 3,888円 計3,888円
6月28日 7358:ポピンズ 1株 1,893円 計1,893円
6月29日 4248:竹本容器 2株 811円 計1,622円
6月29日 7358:ポピンズ 1株 1,895円 計1,895円
6月29日 8698:マネックスG 1株 431円 計431円
6月29日 5857:アサヒホールディングス 1株 2,120円 計2,120円
6月29日 5108:ブリヂストン 1株 4,985円 計4,985円
6月30日 4248:竹本容器 3株 788円 計2,364円
6月30日 7358:ポピンズ 1株 1,845円 計1,845円
6月30日 8031:三井物産 1株 2,994円 計2,994円
6月30日 8098:稲畑産業 1株 2,216円 計2,216円
6月30日 8698:マネックスG 1株 422円 計422円
計189,120円

日本株(マネックス)
6月10日 2687:CVSベイエリア 1株 399円 計399円 ※配当金からの再投資

日本株(楽天証券)
(売買なし)

仮想通貨(暗号資産)
(売買なし)

見ての通り今月は4248:竹本容器と、8031:三井物産の2つの銘柄に新規投資してみました。三井物産は超メジャーな商社ですから説明は不要かと思います。竹本容器はその名の通り、容器を作っている会社です。



時価総額100億円ほどの大きいとは言えない会社ですが、配当利回りもよく割安…とまでは言えないかもですが高くもない位置です。セントケア・ホールディングやトビラシステムズ、ポピンズのように成長を見守って行きたいと思えた会社ですので、同様にチマチマと買付けを続けていきたいと思います。ちなみに社長は創業3代目となる竹本笑子氏です。まだお若いですが、すでに現職18年目のベテラン社長です。

他、9432:NTTや8058:三菱商事、2768:双日を久しぶりに追加購入できました。まだ早いかな、と思いつつですがどれも1単元に満たない保有で株数を増やしたい銘柄なので早いと思いつつ購入してしまいました。あと先月は買い増しできなかった3635:コーエーテクモも買うことが出来ましたね。

今月の投資は定期買いの88,492円にスポット買いが189,120円となり合計で277,612円となりました。6月は配当金の入金も多く、それを反映すると多少減額となりますが、特に計算してないので省略です。別記事で配当金をテーマにしてもいいかもしれませんね(^^)ミノタケは6月が一番、配当金の入金が多いポートフォリオとなっています。


20220630


今月も仮想通貨(暗号)資産の下落が甚だしく先月比で-9.33%、年初来で-18.97%となりました。ほぼちょうど1年前の総資産額に逆戻りです。



1年前は額を公開してたので今の資産額もほぼバレバレですね(笑)


20220630b


202205b


現金性資産、日本株、米国株+海外株インデックス投信、仮想通貨それぞれがちょうど4分されるようなポートフォリオになりました。全体の資産は下落してますがバランスはすごく良いのかもしれません?日本株は30%程度でいい気もしますが、配当金を積み重ねていくのが楽しくてドンドン買ってしまってますね。

202106
ちなみにほぼ同じ資産額だった1年前の6月のポートフォリオはこんなバランスでした。現金と仮想通貨のウェイトが高いです。

にほんブログ村 株ブログ シニア投資家へ ←記事が面白いと思えたらポチってもらえると嬉しいです。よろしくお願いします。

孟嘗君 全5冊合本版 (講談社文庫)
宮城谷昌光
講談社
2015-01-09

今はこちらの本を読んでいます。ミノタケは三国志とか好きでYou Tube動画でもその手の歴史物を見るのが好きなのですが、孟嘗君がミノタケと同じ誕生日(5月5日)であることを知り、しかもそれが原因で殺されかけるという話を聞いてより孟嘗君のことを知りたくなり小説の形ですが読んでみたくなったのです。抜群に面白いです。

図書館で借りて読み始めたのですが読むペースが早く、続きが早く読みたくなってAmazon見てたらKindleのUnlimited対象で上の本があったのでUnlimitedに加入(なんどか利用してて、しばらく入ってなかったのですが、見てみると二ヶ月99円のキャンペーン対象になっていた。)して今はこちらを読んでいます。同じ作者の他の本もいくつかUnlimited対象なので2ヶ月読み散らかしたいと思います(^^)

こんにちはアラフィフ独身介護士のミノタケです。先日、準夜勤明け(22時~7時の短縮夜勤)で帰りに朝食を買おうとコンビニに寄ったんですね。本当は吉野家の牛丼が食べたいな~と思ったんだけど、車を寄せたらまだ8時の開店前だったので諦めた(笑)。

ミノタケが牛丼の代わりに豚肉の生姜焼き肉弁当にしようとレジに向かうと、ダウンジャケット姿のご高齢の方が先に会計している様子でした。その様子をなんとなく眺めていて、「歳を取ったら生活圏とかすごく狭くなるんだろうなぁ。自宅から半径200mくらいとかになったりするんだろうか…?」などと思いをはせました。

23861976_s


今は時速6kmで移動できる電動車イスもあるし、訪問介護など利用したりで遠出も可能でしょうが50代の現在のミノタケより生活圏は確実に小さくなることが予想されます。今は車で遠出したり、なんなら海外にだって移動できますが、歳をとれば不自由も出てくるし、色々億劫になることもあるでしょう。

個人差はあるにせよ80代になるくらいまでは、地域のコミュニティとかに参加したり習い事をしたりといった気力はあると思いますが、80も半ばを過ぎてくると買い物一つもなかなかに大仕事になってくると思われます。

ミノタケの父親は80代で伊東に隠居していて、今も車を運転して毎日庭仕事するくらいには元気ですが以前より人付き合いは乏しくなっている印象があります。まぁ知人とかも鬼籍に入っている方も出てくる年齢です。

自身の肉体や思考能力、気力およびその気力を支える体力が、衰えるモノであることを前提として可能な限り快適な環境を用意しておかないといけないなぁと思いました。

買い物などは今は置き配なども定着してきたり、出かけなくても消耗品類の確保は出来る時代になりました。とはいえ、ずっと家の中に引きこもっていては肉体、精神ともに衰えてしまいます。刺激の少ない環境では認知症状を生み出す、早める要因ともなります。やはりある程度は外出し、人と接したり刺激を受けられるようにしておきたいものです。

そうなるとやはり近場で食料品や消耗品を購入できる店舗(コンビニというのは割高ですが、狭小スペースに多様な商品が揃っていて高齢の方には負荷が少ないですね。)、緑のある公園などがあると良いですね。住まいもセキュリティの観点から考えるとマンション。火災や地震などのリスクを考えると低層階が望ましいでしょう。

高齢になった時の住まいとして、あらかじめある程度環境の整っている「サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)」というのがあります。定期的な安否確認や生活センサー、生活支援のサービスが整っています。建物自体も高齢者の生活圏を想定したロケーションに建てられるでしょうから(そうでないとお客さんを呼べませんからね)、金銭的に問題がないならお手軽に年齢に沿った住まいということになります。こういう建物は認知症状が現れてきたり、日常的な医療行為が必要になってくるようになるとあらかじめ退居する契約となっていますから終(つい)の住みかというわけにはいきません。

とはいえ、ミノタケは底辺の人間(笑)ですから「サ高住なんて無理だろなぁ」と思ってしまいます。すでに警備会社からサービスが出ていますが、センサーなどを設置して24時間の安否確認が出来るようなサービスが将来的にはより安価に提供できるようになることが予想されますからそういう商品を利用すればいいんじゃないかなと気楽に考えています。スマートウォッチもより高機能化して、Amazonとかいかにも始めそうなサービスです。顧客情報を囲えますからね。無料で利用できるかもしれません。

介護を要するとなれば訪問介護で補う形となるでしょう。このように考えるとやはり配慮すべきはロケーション。足腰が衰えると転倒のリスクが高まるので多くの人が行き交う電車などのインフラは使いにくくなります(車イスにしてしまえば転倒のリスクは避けられるからやりようはある。)。身体の衰えに合わせて電車→バス→タクシーなどにウェイトが移っていくのではないでしょうか。

ミノタケが現実にこのような対応を迫られるのは20~30年後あたりになりますから、その頃には自動運転のシェアカーサービスなどもすっかり定着しているかもしれません。その頃には1~2人乗り程度の現在の車より1/3程度のサイズの車?が多数派を形成して道路を無音で行き交ってるような風景でしょうか。こういうのに想像の羽を広げるのはなかなかに楽しいですね。

話をもどしてやはり住まいのロケーションが重要そうです。ミノタケの今の住まいはマンションで割りと近くにスーパーの類いがあるので、買い物の利便はある程度確保されています。難点は4Fと、微妙な階層であること。近場に緑豊かな公園がないことでしょうか。徒歩15分ほど(高齢になったら30分くらいかかるかな)の距離で建設中の地下リニア駅(5年後に完成予定)が開通して、その上が大きな公園になってくれたりしたらいいなと夢想してたりします。そうしたら安価な電動車イスで通うとしましょう(*^^*)





2030年:すべてが「加速」する世界に備えよ (NewsPicksパブリッシング)
スティーブン・コトラー
ニューズピックス
2020-12-22


↑このページのトップヘ