アラフィフ独身介護士のミノタケ資産運用

身の丈にあった「頑張らない」投資スタイルで金融資産3500万円を目標にするブログ。圧倒的なパフォーマンス!とは無縁な平凡な人が普通にできる資産運用を語っていきたいと思います。

カテゴリ: 節約

こんにちは独身アラフィフ介護士のミノタケです。先月の記事で触れたように、ミノタケの生活がコロナ対応で支出(主に食費)に変化が起きており、現在も月あたりのランニングコストを検証中です。



言ってしまうと一部母に作ってもらっていた食事を全て自前で用立てる形にしたので、外食等も増えるため支出増が見込まれるので月8万の投資が難しくなるかもしれない、という話です。

ただ全額とはいきませんが、その分家に入れていたお金をある程度ディスカウント
する形になるので相殺しうるところまで食事内容を絞り込んでいきたいと思っています。

給与記録
これは今年のミノタケことアラフィフ独身介護士の給料の手取り額を書き出してみたものです。「+手当」というの一時的に支払われたお金ですね。ボーナスはそのままボーナス。これが50代の介福持ちの給与額です!耳にする介護業界の給与額では手取りで14万とかそのくらいの話も聞くので、まぁまぁなところなのでしょうか?

ミノタケ的にはヒラの介護士ならこんなもんで上等では?とか思ってしまいますがどうなんですかね。ミノタケもフルタイムで働き出した頃は(最初は非常勤で日数も抑えめだった)、手取り15万前後だったように思います。グループホームのユニットリーダーをやってた頃は手取りで35万くらいもらったりしたこともありましたけどね~

…てな話はおいといて、画像上部に手取り給与の平均額が記されており¥253,181とありますね。ミノタケの手取り平均/月は約25万と分かります。

支出記録
対してこちらは月の支出額を記した物。先の表計算の画像の続きであるため年月日が切られてしまって何月のものか分かりにくいですが、上から順に今年の1月~9月の途中までの総支出額が記されています。

下から2番め、いきなり100万円を越える支出となっていますがこれは中古車を購入したためです。9月の支出も色々車周りの支出が嵩んでいます(ちなみに下から3番目の23万支出になっているのは車検費用が加わったため)。なので平均額を計算する上で下のふた月は除外して計算しました。上の¥163,203というのがそれですね。ん、16万!?

私の65歳からの95歳までの30年間の平均支出額は15万円を想定してるのだが…いきなりオーバーしてますね…。

そこはともかく平均手取り額から平均支出額を差引いた数字を可処分所得として出てきた数字が画像右上の¥89,878となるわけです。ただし、これはコロナ対応をする前の数字です。今日ちょっとここふた月ほどの支出額を見直してみたのですが、たしかに支出は増えているものの色々見直しをするなどしてなんとか月当たり8万円の追加資金は確保できそうな見込みです。ボーナス込みであれば^^;

長々と書いて来ましたが、ここまで来てようやく表題の話題となってきます(長いな~)。ミノタケは現在50歳と4ヶ月。60歳まで労働するとしてあと9年と9ヶ月の給与を得る機会があります(今月はまだもらってないので今月分も含めています)。月数に直すと117ヶ月。

8万円 x 117ヶ月 = 936万円

という数字が出てくるわけです。ミノタケにはあと936万円しか追加投資の資金は見込めないわけです。こうして数字を出してみると正直、「少ないな~」と感じます。20代、30代の方と比べると圧倒的に給与を得る機会=時間、が少ないことがよく分かりますね。

ミノタケは現資産の1500万円(今はもっと減ってるだろうけどw)とこれから得られる見込みの936万円を種銭に3500万円を目指さなくてはならないわけです。運用は欠かせませんね。

ネットを探してみると積立金を福利計算できるようなサイトがいくつかあります。これを利用して3500万円が可能かシミュレーションしてみましょう。利回りは5%でやってみます。やや強気かもしれませんが米国株のインデックスファンド投資ならそうかけ離れた数字でもありません。個別株で達成できるかは不明ですが^^;

hukuri1

積立計算(複利毎課税)
https://keisan.casio.jp/exec/system/1254841870


ここは課税計算もできるサイトですが、年毎に課税されるのは実際の運用と異なってくるので非課税で計算してみました。あくまで参考、といったところでしょうか。

hukuri2
5年目には23,000,000円になっていますね(中央の額が元金に利回りを加えた金額となります。)。まぁまぁ順調?


hukuri3
9年目の途中、赤線で引いているところが9年9ヶ月後の運用結果です。34,782,056円!!おぉっ!微妙に届いてませんがかなり近いところまで来ていますね!!割と現実的かもしれませんよ(^^)?

まぁ実際は債権投資のように毎年確定して5%の利回りが得られるわけではありません。マイナス15%の年もあれば、プラス10%の年もあることでしょう。その時、その時を淡々と投資をつづけられるか…そこが難しいんですよね。

このシミュレーションは色々穴があって、そもそもの前提が私のプロフィールにあるように65歳からの生活資金なのだから60歳から65歳までのお金の算段はどうなっているんだ!?とかツッコミどころだらけです(笑)しかし仮に3500万円の資産があるとして200万を生活防衛資金としてプールしたとしても3300万は運用に回せるわけですね。

世の中には4%ルールなる言葉があって資産額の4%までなら引き出しても、翌年には4%以上の運用利回りが得られるから資産を減らさずにお金を使い続けられる、というロジックがあります(インデックスファンドなどの投資において)。

お金は寝かせて増やしなさい
水瀬ケンイチ
フォレスト出版
2017-12-08



3300万円の運用資産があるなら、利回りは132万円です。20%の源泉徴収があるとして手元に残るのは105.6万円。月に直せば8.8万円です。月の生活費を15万円と想定するなら、あと6万2千円稼げば到達です。このくらいの額ならアルバイトで十分達成できる数字だと思いませんか?なんとかやっていけそうですね。

現実は病気やケガ、親の介護など思わぬ出費があるものです。これらはあくまで机上の計算の域を出ないものですが、数字を出すと「どのくらい頑張ればいいのか?」がわかって気分的には楽になりますよ。そしてちょっと楽しい?(笑)

こんにちはアラフィフ独身介護士のミノタケです。コロナが収まらないので生活スタイルを少し変えることにしました。というのも私は高齢の母(70代)と暮らしているため、自分は平気でも母が感染し重症化することは避けたいためです。

とりあえず食事は完全に別とすることとしました。これまでは休日などの夕食は母が作ってくれていたのですが、これからは自前に。こうすることで母の買い物の量も減るし、洗い物も減る(ある程度は自分も手伝っていたけど)。

感染防止のためにミノタケが買い物を全てするという選択肢もあり、そのようにしている家庭もあるようですが、買い物など生活活動が低迷するとたちまち生活不活発病(廃用性症候群)に陥ります。なので、極端に運動量を抑えるのもよろしくない。

生活不活発病とは・・・ 「動かない」(生活不活発な)状態が続くことにより、 心身の機能が低下して、「動けなくなる」ことをいいます。(引用元:厚生労働省


また、これまでは洗濯も母に任せきりだったのですが、今後は自分の洗濯物は自分でやることに。これも感染防止の観点と母の労力軽減目的で(ゼロにしないのは上記と同様の理由)。

というわけで外食や買い食いが増え出費増が見込まれます。簡単な調理など最適化は図っていきたいけど、形が固まるまで時間はかかりそうです。

これまで月当たりの投資可能額を8~10万としていましたが、減ることになりそうです…。今は現金→株式へ資産を移してることもあって月当たり10万以上の投資をしていますが。

今月の途中からなのでランニングコストの増加は9月の出費を見て把握していきたいと思います。


また、これはまた別の話なのですが最近、車(中古車)を購入しました(^^)。

P_20200806_154350_vHDR_On
購入した日産クリッパーリオG

車中泊が趣味?のミノタケはずぅ~っと1BOXが欲しかったのです(今まではタント)。クリッパーはスズキのOEMでモノ的にはスズキのエブリイワゴン同等品です。現行車としてはかなり破格と判断できたので様子見のつもりが買ってしまいました。車中泊環境を整えるためにもしばらく出費が続きそう^^;

「自宅や車は資産ではなく負債である」というのは金持ち父さんの有名な言葉ですが、やはり欲しいものは欲しいです(^^)

というわけで、生活スタイルに加えて大きく資産の内容にも変化があり今月末にはいつもの投資内容に加えて現在の資産の方も確認して把握したいと思います。

本当の自由を手に入れるお金の大学
両@リベ大学長
朝日新聞出版
2020-06-19

55750be5ce1a09d36fb16c4873422f58_s
こんにちはアラフィフ独身介護士のミノタケです。先日、私の職場で入居されている方が逝去されました。元々看取り(みとり)で入居された方なので覚悟は決めていたと思うのですが、立派に最後を過ごされて逝かれたなぁと感じ入りました。

以前にも同様に看取りで入居されて、最期の時間を過ごされた方がいたんですが、なんというか皆さん立派に過ごされて逝かれるなぁと感じるものです。果たして自分は最期をあのように立派に過ごせるものかどうか。

仕事はしんどいですが、そのような最期の生活を間近に接することができるのは有り難い仕事だと感じますね…。


さて、今回はタイトル通りに車の維持費を考えてみたいと思います。車って便利だけどなにげに金食い虫ですよね。ガソリン代はもちろん、重量税や自賠責保険に車検代、任意保険も実質外せませんしメンテナンスの費用もかかります。そして駐車場代。


Twitterでもつぶやきましたが、私は軽自動車を所有しています。おおよそのコストは以下の通りです。

車の維持費(1年換算)
自動車税¥7,200
重量税¥3,300
自賠責¥15,130
任意保険¥22,980
車検¥50,000
ガソリン¥50,000年5000km
駐車場代¥108,000
¥256,610
除駐車場¥148,610
一月辺り¥21,384
除駐車場¥12,384



一月あたり21,384円…1年で256,610円!軽自動車でもこれだけのコストがかかってきます。私の住まいは都会とは言い難いので、車は必須とまでは言わないまでもやはりあると便利です。休日はほぼ確実に車を運転するし、車中泊などもささやかな趣味にしている私には外せないアイテムですね。

しかし趣味だけで持つにはずいぶんお高い嗜好品と言えるでしょう。レンタカーを始めとして、現在はシェアカーなどマイカーを代替するような商品も出てきています。ちょっと検討してみましょう。



私も株主であるオリックスもシェアカーを扱っていますが、業界首位となるとタイムズカーシェアですね。

カーシェアリングの内容を説明すると、一定の月額料(千円前後。利用時間に換算できるため、毎月使う人にはほぼ考えなくてすむ費用)を支払うことで、好きな時に車を借りることが出来ます。ガソリン代や事故などの保険費用などは月額料金や利用時(タイムズなら15分220円)の料金に含まれています。

車のサブスクリプションサービスの一種、ととらえることもできましょう。マイカー持ちの悩みの種である駐車場代や車検、税金、保険料から開放されるのは魅力的ですね。しかも、利用の都度に車種を選ぶことが出来ます。今日はプリウス、明日は休日だから家族を連れてミニバン…なんてことも出来たりするわけです。

難点は自分の生活圏にシェアカーのステーションがあるかどうかですね。徒歩圏に数箇所あればそう困ることもなさそうです。

timescar

休日だけ利用するサンデードライバーなら1回6時間としてベーシック(軽自動車から小型車まで)なら4,290円。月に4~8回利用すると見るなら費用は17,160円~34,320円(ここまで全て税込み)になります。

…と、なると私の場合はあまり代わり映えしないことになります。休日の過ごし方を見直すなどして月に3回程度か、あるいは利用時間を3時間以内にするなど調整することで現実的になってきそうです。

1回の利用を3hとして月に5回利用(1日だけ6h利用するなら4回など)するとしたシミュレーションではどうでしょう。

2,640円(3H) x 5回 = 13,200円

このぐらいだとはっきりカーシェアリングを利用したほうがお得という数字になってきます。ガソリンの給油や洗車をすることで割引もしてくれるそうなので、住環境にもよりますがちょっとした工夫で現実的になりそうですね。

私の場合は当面は今の状況で良しと判断できましたが、10年後とかでは生活状況も変わってくるでしょうし、検討に値する人は大勢いるように思います。用途に応じて車種を変えられるというのはマイカーとは別の魅力(付加価値)がありますよね。

P_20190720_123611_vHDR_On

ここまで書いといてなんですが実は私、将来的には軽キャンパーとか買って旅行しまくりたいとか思ってるんですけどね(笑)欲しいなぁ、キャンピングカー


私の場合は車の維持費にあたる約2万円/月を配当金など不労所得で得るのを目指すというのもありかもしれません。私はインデックスファンドの積立て購入をメインにするスタイルを選択しているので仮定の話になってしまいますが、ちょっと考えてみましょう。

年利3%の配当金所得を得ることを考えるとします。配当金には約20%の税金がかかりますから実際には3.8%程度の名目利回りが必要です。車の維持費のためなので年間配当収入24万円を目標とします。

800万円 x 0.038% = 30.4万 x 0.8(税抜後) = 24.3万

800万円あれば月に2万円の不労所得は不可能ではなさそうですね(^^)。米国の高配当ETFや日本株でもREITなどを購入することでこのくらいの利回りは期待できそうです。

800万円を投じれば、ずっとタダで今の車を乗り続けられる!?故障や車の乗り換えなどもありますから、あくまで机上の話になってしまいますがサブ的な目標に掲げても面白いかも知れませんね(^^)。

ちなみにタイムズカーシェアを運営するタイムズモビリティの親会社は上場しているパーク24です。パーク24は以前から株主優待目当てでも目をつけている会社で、パーク24の株を買って配当金を得て車の維持費の足しにする、というのもいいかも。

ネオモバイル証券で積立て購入していこうかな(^^)。


節約そのものついて考えてみた記事です。私は昨年の8月頃より節約を見直し、月あたり14,000円以上のランニングコストの削減に成功しました。



b2e61d75735652ed7256af7f2345c341_s
こんにちはアラフィフ独身介護士のミノタケです。資産運用というと「増やす」ことに重きを起きがちですが「減らす」ことも重要です。

「無駄を減らす」ということですね。

…などとドヤ顔風に語りますが、私自身8月くらいからでしょうか?節約をあらためて意識したことで月当たり14,000円程度もの固定費を節約することが出来たくらいですから、節約に関してもかなりガバガバだったわけです。

それまでも自分なりに節約を意識していたつもりで、前の職場を辞める前くらいに職場の水分補給をペットボトルから水筒に替えたり、格安simを利用してたりしていたのですが急に、

「収入を1万円増やすのは大変だけど、出費を1万円減らすのはイージーなのでは!?」

と気づいたのです。投資そのものは32、3歳くらいから始めているのに気づくの遅すぎますよね(笑)平凡な人間なので気づくのにこれだけ月日が必要だったのでしょう。


手取り収入が仮に20万円あるとして、月の出費(固定費、ランニングコスト)が12万かかっているなら固定費を2万円減らすことができれば自由になるお金(可処分所得)は8万円から10万に増大します。これって2万円収入が増えることと同じことですよね。

月2万であれば年間に直せば24万円。年収を24万円増額することになるわけです。24万円!10年継続できれば240万円!「節約、あなどりがたし…!!」と思いませんか?


節約をすると言っても、生活の質を落としてしまってはストレスが溜まって思いがけない散財(衝動買いなど)にもつながりかねません。なんでもかんでもコストカットすれば良いというわけではないわけです。

私自身がやってみたことは、
・職場で用意する食事のうち主食(おにぎり)を購入するのではなく、自前で用意する。
・格安SIMの契約内容の見直し。→より安いプランへの変更
・加入している保険・共済の見直し。→不要な商品の解約
・車の任意保険の見直し。→車両保険の解約
・定期券の期間変更。→3ヶ月から半年に

これらで月当たり1万4千円も出費を削減することが出来ました!これで月当たりの投資にあてる金額を7万円から8万円に増額できたんです!!年間に直すと168,000円!約17万円も収入を増やすことが出来ました。人によっては1月分の収入にもあたる金額です。

o0640042714579008298

いくつか細かく見ていきましょうか。まずはおむすびの自家製化ですが私の場合、夜勤をする時おむすびを3個用意する必要があります(夕食2個、明け方に1個)。明け方の1つはさすがに時間が経ちすぎるので、コンビニやスーパーで1つ買って職場の冷蔵庫に入れておくのですが、夕食分の2つを自前にすることで250円程度の節約ができるわけです(ふりかけを用意するのでその分の出費はある)。

月に8回夜勤をするとして250円 x 8回 = 2,000円の節約

日勤帯の仕事の日もありますが、その日ももちろんおむすびを持参しています。合わせておおよそ月当たり3000円くらいの節約になりました。

それとこれは数字に入れてませんが、仕事のある日の出かける前の食事を基本外食だったのを自宅で食べるようにしました(だいたいレトルトカレー)。これも馬鹿にならない節約になっています。外で食べれば500~700円は飛びますからね…。


格安SIMのプランの見直しは元々安いプランだったので、さほどの効果はありませんでしたがそれでも400円/月程度の節約にはつながりました。自宅にwifiが利用できる環境があり、動画などをヘビーに見なければ1GB/月あたりのプランにしても消費してしまったら低速モードでのやり繰りでもなんとかなります。

実際のところ私はOCN ONE モバイルの3GB/月というプランから120MB/日というプランに換えたのですが、動画(Youtube)も画質に拘りもないので低速モードの画面で問題ありませんでした。

(現在は楽天モバイルにMNPして、楽天ポイントを使ってスマホ代を払っているのでさらに安く利用できています。)

保険・共済の見直しは以前のエントリーで書いたように「200万円の現金は必ず保持する」ようにしているので、「要らないな」と判断し解約しました。現在は県民共済の「生き生き1500」という総合保障の共済のみ残している状態です。

正直、残している共済も「要らないかな…」と思っているのですが、いきなり全部切るのも怖い気がして1つだけ残しています。いずれこちらも解約するかもしれません。これで9,000円弱の節約になっています。

定期券の契約期間の変更は私自身意外だったのですが、期間を3ヶ月分から半年分にするだけで6,000円近くも安く(半年分の比較)することが出来ました。年間に直すと約12,000円です!電車通勤の人は定期券の期間ごとの価格を比較してみると良いと思います。


私の実践してみた節約活動はおおよそ以上となりますが、他にも付加効果がありました。日々の生活でもお金を出す際に「これは本当に必要なものなのか…?」と考えるようになったことです。それまで衝動的に買うことが割とあったのですが、ゼロとは言いませんがワンクッション置くようになることで随分そのような買い物を減らすことが出来たように思います。

夜勤明けの帰り道とか、つい道すがら店に寄ってお菓子とか余計な買い物を「なんとなく」してくることがよくありましたが、そういうこともしなくなりましたね。これは帰宅が早くなるので「時間の節約」も出来て良いです。

50前にしてようやく「モノの本質的な価値」を考えることができるようになってきたのかもしれませんね(笑)


続きを読む

↑このページのトップヘ