アラフィフ独身介護士のミノタケ資産運用

身の丈にあった「頑張らない」投資スタイルで金融資産3500万円を目標にするブログ。圧倒的なパフォーマンス!とは無縁な平凡な人が普通にできる資産運用を語っていきたいと思います。

カテゴリ: 雑記

PXL_20210831_073631938


こんにちはアラフィフ独身介護士のミノタケです。2年ほど前に「健康に投資せよ!」という記事を書きました。




こちらの記事では介護士であるミノタケは夜勤も多いし不健康になりがちだから健康に配慮していかないといけないなぁ、実際血液検査の数値も悪くなってるし…的なことを書いています。健康にお金を使うのも立派な投資だよね!という記事です。

で、今年の5月に受けた健康診断の結果で便潜血が認められた(2回検査のうち一つが陽性)ので、予約していた大腸の内視鏡検査を受けてきました。実は始め、胃カメラの検査を受けている行きつけのクリニックに行ったところ「もう一度、便潜血検査をしてみましょう。お尻のところがちょっと切れていて陽性ということも多いですからね」と言われ、言われたまま検査を受けました。

結果2回とも陰性で「なら、いいか…」とも思ったのですがなんとなく気にかかり、これまた行きつけにしている内科に相談しに行ったんですね。だってネットでググる限りでは「1回でも便潜血を認めたら、内視鏡検査しときましょう!」という論調が基本だったんですよ。で、内科のDr.も「いやぁ、それは受けたほうがいいですよ!」とのことで5~10年ぶりくらい久しぶりに大腸の内視鏡検査を受けることにしたのです。

(話が横道にそれますが、それなりの年齢になったら各科目の馴染みの医院を近所に作るようにしておいたほうが良いです。そのほうが医者も情報を蓄積できて病変にも気づきやすいと思います。早く電子カルテとか統一形式とかできてどこで受診しても過去の診察内容とか詳しく参照できるようにして欲しいですよね。こういうのブロックチェーンとか一番向いてる事柄なんだけどなぁ。)

ミノタケの大腸内視鏡検査は人生で二回目。最初、以前に受けた医院に予約しようとしたのですがなぜか電話が繋がらず、後日直接出向いて行ったんですよ。そしたらなんと身内の不幸があったとのことで、しばらく診察は難しいという貼り紙が。これは無理だわと諦めて、別の近隣の医院を探して予約しました。
PXL_20210801_091006850 (1)

コロナのご時世もあって、一週間分の検温とか色々事前準備が必要でした。これも医院からの指示で前日に検査食というのを食べたのですが、860kcalほどしかなくメチャクチャ空腹で辛かったです(笑)前日も普通に出勤で介護士として動きまくりますからね…。


しかも前日の食後に飲む下剤がなんとラキソベロン一本丸ごと!という超豪気な指示!!看護士や介護職の人ならお馴染みだと思いますが、普通は便秘の利用者に数滴内服してもらって効果てきめんのあのラキソベロンですよ!?いきなり全量とは…。便失禁不可避と判断したミノタケは人生で初めてリハビリパンツ(紙パンツ)を購入しました(笑)

結果、普通に便失禁することもなく朝にお通じがしっかり出して、9時に医院で追加の下剤を飲んだ上に最後に浣腸をして止めを指すという絶対ウンコ残さないマン的な段階を経て無事に内視鏡検査を終えました。以前のところもそうでしたが、麻酔を使うので「あっ、今お尻にカメラが入ったな…」と思ってから数秒後には眠りに落ちて気づいたら検査は終わってました。

診察結果は冒頭の写真がそれなんですが、異常所見なしでした。良かった、よかった。もちろん、カメラを通しても異常を見逃す可能性もないわけではないですが、それでも白黒ハッキリさせといたほうがスッキリしますよね。費用は3割負担で7000円ほどでした(検査食が別途1600円くらいかかった。)。

投資で資産形成を目指す人は「長生きした場合のリスク」も考えて資産を増やしたいと思っている方も多いと思います。お金はこさえられたけど、病気の発見が遅れて早死にすることになってしまった…なんてことのないよう、普段からの食生活、睡眠時間の確保、予防につながる健康診断等、「健康への投資」も怠らないようにしていきたいと思います。

できる範囲でやっておいて、それでも何らかの病気にかかってしまったのなら仕方ないかなとも思えますが、「もしあの時、ああしていたら…」なんて後悔だけはしたくないですからね!

にほんブログ村 株ブログ シニア投資家へ ←記事が面白いと思えたらポチってもらえると嬉しいです。よろしくお願いします。



先日Amazonでタイムセールがあり、前々から目をつけていたFire HD10 Plusを購入しました。セールで5000引きで購入。専用のキーボード付きカバーも購入したので合計額は2万円弱ほどに。



PXL_20210818_060448310
ノートパソコン的に使える1万円台のタブレットFire  HD10

理想としてはChromebookがほしいのですが、Win10のノートパソコンと比べてもそんなに安くないんですよね。動画編集とか重たい作業をする予定はないので、最近新しくなったHD10ならブログ作業くらいなら普通にこなせるのではという期待を込めてエイヤと購入してみました。

旧世代のHD8を保有しているのでFire HDの使い勝手はある程度わかっています。HD8でもノーパソ的な使い方は試しましたが、使えなくはないけどやや重くレスポンスが悪い印象でした。現世代のHD8Plusならイケると思いますけどね。

はたしてミノタケの期待に応えてHD10はノーパソ的に使えています!この記事と先の「8月の投資内容」の仕上げはHD10を使ってガストで入力しました(笑)

Google Driveやスプレッドシートを使いたかったので、Google Play、およびChromeブラウザを導入(保証を受けられなくそうなので、導入は自己責任で)しております。Bluetoothマウスも別途に購入しました。

使い勝手としては特に問題なく使えていますね。画面も10インチなら程よいです。意外に便利だったのがこれはAndroidの機能ですが、二画面機能ですね。ブラウザとTwitterアプリを並べて使えるのが便利です。

ただ圧倒的に安上がりなだけにいくつか難点もあります。

1.物理的に重い(キーボードカバー付きだと1kg強)。
2.カバーの開き具合(角度)が足りない。
3.Google Playを導入すると保証が受けられない。
4.キーボード配置が独特。

1は価格的に妥協できるところではありますが、感想としてはやはり「重い」ですね。ただ専用のキーボード付きカバーが良くできていて手軽にキーボード部分を分離でき、そうなると500g前後となるのでグッと手軽になります。

PXL_20210827_052001478
マグネットで溝に乗ってるだけなので、分離は本当にお手軽。

2の開き具合ですが、ミノタケがファミレスに腰を下ろしてHD10と正面から向き合うと微妙に画面がお辞儀したような印象です。液晶は綺麗で角度がついていてもハッキリ見えているので支障はないのですが、なんとなくスッキリしない部分ですね。
PXL_20210827_031047076
もう一段階開いて欲しい。

本体側が首をもたげた状態なのでトップヘビーであり、これ以上角度をつけると安定感が損なわれるのかもしれませんね。

3については読んで字のごとくですね。4のこれもブラインドタッチする上ではつっかかる部分です。まず、ファンクションキーがブラウザ起動や液晶の照度調整に固定されていて漢字変換のキーに使えないことですね。片仮名変換などのキーはキーボードの説明書に書いてあるので出来なくはないのですが、慣れが必要です。そしてESCキーがないのも痛いです。あと普通はCtrlキーが左端にあると思うのですが、なぜかFnキーが位置していて違和感があります。

総じて入力面における難点になりますかね。キーボード自体は打ちやすくモノは良い印象です。

という、価格なりの難点もあるHD10ですがコストパフォーマンス的には◎を付けられる良品と言えると思います!同様な利用目的であれば、セールの時に検討してみると良いと思いますよ!!

にほんブログ村 株ブログ シニア投資家へ ←記事が面白いと思えたらポチってもらえると嬉しいです。よろしくお願いします。




(追記)
後日手持ちのFire HD8(旧世代)にもGoogle Play+Chromeをインストールしてみました。
PXL_20210904_034314009
キーボードは馴染みのあるこちらのほうがいいな(笑)

動作はさすがに重いですがキーボード、というか日本語入力はやはりファンクションキーが使えるこちらのほうが使いやすい。でも重いな。最新のHD8 Plusだと違うのだろうか…。

PXL_20210904_025259627
艦これも重いです、というか画面が見切れる…

PXL_20210904_033606988
Google Driveは普通に使える感じ♪

携帯性ではHD10よりHD8はずっと軽いから、こちらもありですね。画面サイズも支障のないレベル。ノートパソコンレベルとは行きませんが、ちょっとした時の使い勝手はこちらのほうが良いかもしれません。こちらの追記はHD8(旧世代)を使って書いています。

にほんブログ村 株ブログ シニア投資家へ ←記事が面白いと思えたらポチってもらえると嬉しいです。よろしくお願いします。


続きを読む

4641295_s

こんにちはアラフィフ独身介護士のミノタケです。最近はミノタケPFの仮想通貨の調子がすごく良くて(ここ数年の辛抱が報われた思いです。)全体の資産も大きく増大し、

「目標資産の3500万円が見えてきたんじゃないか!?この調子ならリタイアはともかく、仕事量を減らした生活も現実的に見えてくるんじゃ…!?」

と夢?が広がってきています。

そんな感じで今回の記事はミノタケの妄想ダダ漏れのお遊び記事になります。曰く、「今の資産で、どのくらいのお金を生み出せるのだろう?」という話です。



上記の記事で記したように最新のミノタケの資産は2600万円ほどです。この資産を年利回り3%~4%で運用したらいかほどの数字になるのだろう?というのがより具体的な今回の記事の趣旨ですね。

インデックスファンドや、高配当株投資をしている人であれば年利回り3%~4%という数字はそう突拍子のない数字ではないことをご理解いただけると思います。ただし、資産をすべて運用に回すという人はいないと思うので日常の生活費~もしもの際を考えた生活防衛資金~を差し引いて考えたいと思います。

資産パワー=(現在の資産-生活防衛資金)x 3~4%

という数式です。ミノタケは生活防衛資金として200万円を設定しています。おおよそミノタケの13ヶ月分の生活費になります。このくらいの現金を確保しておけば、何か起きたとしてもなんとか対応できるであろうという数字です。この辺の数字は考え方や家族構成などでも変わってくると思うので人それぞれだと思います。

ミノタケの4月末での総資産は26,062,910円でした。これに上記の数式を当てはめると…

721,896円=(26,062,910円-200万)x 3%
962,508円=(26,062,910円-200万)x 4%

この数字を月当たりで出したのがタイトルの金額となるわけです(3%で60,157円、4%で80,209円)。

もちろん現実には税金が差し引かれるわけですし、



ミノタケの資産には3%の利回りは難しい個人年金や、仮想通貨のような利益が雑所得扱いになってしまうような資産もあるのであくまで参考値程度です。お遊び記事と言ったのは、こういうわけですね。

それでも例えば今1200万円持っている方であれば、

30万~40万=(1200万-200万)x3%~4%

と、数字が出せて「自分の資産パワーはおよそ年30万から40万くらいあるんだな。これくらいは今の資産から再投資に回せるし、なんなら遊びに使っても資産は減らないってことか。月あたりに直すと2.5万~3.3万円か、悪くないな」

といった具合に想像をめぐらすことができるわけです。ミノタケ自身は「月当たり6~8万のパワーがあるなら、手取り10万円のアルバイトでも生活できなくもないかな(^^)」とか夢想したりしてちょっと楽しくなってました(笑)。

こんな風に調子こいて妄想にふけってる頃が相場のピークだったりするので、そんなことにならないように願いたいものです。


お遊び要素の強い今回の記事でしたが、大事なところとしてたとえ目標の1/2~1/10の金額でもその資産はお金を生み出すパワーを持っている!ということですね。

FIREとか目指す人たちは資産1億円とかを目標にしている方が多い印象ですが、「あぁっ!まだ目標の1/4にも達していないよ!!まだまだだぁっ(´・ω・`)」とか神経をすり減らすばかりじゃなく、今持っている資産が生み出すパワーにも目を向けても良いのではないでしょうか?








ミノタケが目指す資産はなぜ3500万円なのか?それを説明した記事になります。



ミノタケは将来に渡る生活費を15万円/月、と設定しています。もらえる年金の数字が見込めれば、生活費から年金額を差し引いた金額が必要額と把握することができます。



こんにちはアラフィフ独身介護士のミノタケです。緊急事態宣言からもうすぐ二週間、二度目の週末です。もう月末が近づいてますね。(施設)介護業界に自粛は無縁なので普通に仕事してますが、私も休日は家で大人しくしています。

先が見えない状況が続いてますが唯一、マスクが市場に出回る気配が見えてきましたね。ミノタケも先日の夜勤明けにコロナ騒動以来初めてマスクを買うことができましたよ(^^)
P_20200418_124323_vHDR_On

ミノタケは花粉症持ちの上に仕事上の必要もあってある程度マスクのストックがあったのですが、先が見えないのもあって4月の頭くらいから洗って除菌した上でマスクを使いまわしてました。でもボチボチ使い捨てて行けるかなと思っているところです。シャープさんが頑張って製造・販売してくれるというマスクは買っておきたいですね(^^)。買った後にマスクが潤沢に出回るようになって価格崩壊するかもしれませんが、心意気と感謝を込めて買いたいです。

さて、投資家としての売り買いの詳しい内容は毎月の投資内容として後日記事にしますが、おおまかには定期の買付けをした上に個別株を一部売ったという感じですね。ジャパン・ホテル・リートの残っている分も損切りしてリート投資はいったん出直しです。


Tweetにあるように出前館:2484も売ってしまいました。儲かったけど、株主優待株として保有を続けるつもりだったのにホールド出来ませんでしたね。二番底はあるやなしやでネット界隈は盛り上がっていますが、私は起きても対応できるようにしておきたいですね。そういった意味で上げ下げ激しい出前館はホールド出来ませんでした。

いっぽうでネオモバイルで買い付けてるパーク24:4666は買い増しています。もともと「1500円くらいだったら(100株)買えるんだけどなぁ」と思っていた銘柄なので、今の値段なら一気に単元株分まで買ってしまってもいいのですがこの状況なので焦って買うこともないかと思っています。今は37株まで増えました。

しばらくは定期の買い付け+α程度で、様子を見ていきたいです。定期の買い付けでは先月くらいから「iFreeNEXT NASDAQ100インデックス」という投信を買い付け始めていますが、ここの期待値が高くなりつつありますね。これは米国株ETFのQQQを買う投信で、だったらQQQを直接買えばいいじゃんと言われそうですがまぁ面倒くさがってるだけですね(^_^;)儲けられない典型的な行動かもしれませんが、こちらのほうが継続はしやすいのでいいかなと思ってます。


958852


また現金ウェイトを高めにしつつ様子をうかがう日々に戻る感じです。しかしこうして現金ウェイトを高め続けている自身のPFを見ていると「3500万円を目指すのではちと足りないかもしれないなぁ」と思えてきました。

ミノタケは大まかに老後の生活費として15万円のうち10万円を自身の投資で確保したいと思っていてそれを成せるのが3500万円(年率5%利回りx0.8=140万円=月11.6万円)だと思っていたのですが、このように現金ウェイトを保持しているということはその部分の運用利回りは期待できないわけです。ある程度の現金ウェイトを保持することを計算に入れると4000万~5000万程度の総資産が必要になってくるのかもしれません。

ふぅ、そうなるともうちょいと頑張らなくてはなりませんね(^_^;)


何にしても、資産運用としては動きにくい日々ですので本を読んだり、勉強したり自己投資に時間を振り向けるのが有効かなと思っています。簿記3級の勉強はゆるゆるとですが続けておりますよ。

と、言いつつタイトルにもあるように気になる銘柄がないわけではありません(笑)Reitも引き続きウォッチしていきたいですが、私が気になる個別株となると株主優待目的の日本株となってきます。

ビックカメラ:3048
AOKIホールディングス:8214
コメダ:3543
オリックス:8591
セントケア・ホールディング:2374

他にもあるけど、まずはこの辺りですかね。出前館も爆下げがあったりしたら再エントリーはありかもですが。

ビックカメラは3月の暴落時に一度手にしていったん手放した銘柄です。優待銘柄としてはメジャーどころですね。この状況なので、もっと安く変える機会があると待ち構えています。

AOKIは紳士服第2位の会社ですが、ネットカフェ大手の「快活クラブ」の親会社でもあります(これの優待目当て(^^))。紳士服は市場としては厳しいですが、結構な剰余金が手元にあるのでこのコロナも生き残りは出来そう。

コメダはコロナ直撃銘柄ですね。持ち帰りメニューなども始めたみたいですけど、空間を提供するというビジネスモデルにそぐわないものです。多少の助けにはなるでしょうけど、厳しいですね。業績も悲惨なことになると思いますのでホルダーの方には悪いけど、暴落待ちです。今の状況は最悪ですが、元々強いブランドを持っている会社ですからここを乗り切れば、復調は堅いと見ています。

オリックスはすでに1単元保有しているので優待目的ではなく、配当狙いですね。すでに私の買値(1310円)を下回っていますが、焦って買い増すこともないと様子を見ています。

セントケア・ホールディングは介護業界の銘柄です。いちおうクォカードを貰えるので優待銘柄でもあります。3月の暴落時に300円で待ち構えていたのですが欲張りすぎましたね(^^)。ここが気になるのは介護業務の事務処理を支えるソフトウェア開発をする子会社があることですね。


こんにちは、アラフィフ独身介護士のミノタケです。新型コロナウィルスの流行に端を発した株式市場の大混乱が続いていますね。連日のように大暴落、高騰(日本株はあまり上げる様子は見られませんが…)が続いています。この相場の激しい動きに疲れてしまっている投資家の人たちも多いのではないでしょうか。



前回の記事で、

「株式投資とくに長期投資は本能に逆らう行為が必要です。含み益でも含み損でも、売りたい気持ちに逆らって保有を続けることが大きな利益に繋がります。」

とかエラそうに書いてしまいましたが(笑)、「売りたい気持ち」に逆らうのは楽勝でしたが「買いたい気持ち」をコントロールすることが全くできてませんです。50前にして私もまだまだ青いということですね…(^_^;)

できるだけシンプルな投資にシフトしていきたいと思っていながら、「うわっ!安い!!」と買いの手を抑えることが出来ませんでした。それでもこれまでの投資経験からかろうじて現金も残しているものの、明らかに「買い過ぎ」なくらい買ってしまってます。

(「QQQのインデックスファンド」というのは、大和証券投信の「iFreeNEXT NASDAQ100インデックス」のことです。以前ふれたことがありましたが「手数料が高め」「時価総額が小さくて償還リスクが高そう」という評価)


詳細はいつもの「3月の投資内容」でまた書きますが、予定通りに楽天VTやVTIのスポット買いは良いとしても、日本株ではリートや株主優待狙いでガツガツ、米国株のほうはこれまでの持ち株の買い増しが中心ですが「えっ、安くない?」とDIS(ウォルト・ディズニー)を1株つまんでしまいました。ランドの痛手はあるものの、巣ごもり銘柄でもあるしコンテンツ・ビジネスは強力ですしね。



全然シンプルになっていない…これはこれで「狼狽」買いのようにも思えます。そう言っていながらもまだ優待狙いで買いたい株やリートが下げたら買っていきたいと思っているのですけどね(^_^;)


ところでゴールド(金)の価格も崩れています。ついでに言えばビットコインもですが。金鉱株を買っている私としてもちょっと手痛いですね。しかしマーケットが落ち着きを取り戻せば(換金売りが収まれば)、資金が戻ってくるんじゃないかと想像します。

米国株投資で金鉱株のGOLDだけが中期程度のトレードを意識した持ち株です。金価格高騰のシナリオが崩れたと考えるなら、現金化してずいぶんと割安になった優良株やETFに買い増しに回すという戦術もありだと思います。本当に1ヶ月そこらでずいぶんと風景が変わりましたね。今、証券会社には口座開設の申込が殺到しているようですね。今始めるのは時期としては悪くないですが、激しい動きに耐えられるかな(^_^;)

しかしブログを書くと自身を客観視できるのがいいですね。もう少し定期的に書くようにしたほうがいいかもしれませんね(^^)




記事内でふれた「償還リスクが高そう」と言いつつ買ってるんかい!?なナスダック100連動インデックスファンドを少し取り上げています。

米中新冷戦のはざまで日本経済は必ず浮上する
エミン・ユルマズ
かや書房
2019-11-27

コロナは予想外でしたが、今後の流れの参考になる本でオススメです。


↑その読後感想

↑このページのトップヘ